2023年1月31日(火) 05:25 JST

第16弾 ご島地グルメ 三重県答志島  

  • Contributed by:
  • Views: 165

第16弾 ご島地グルメ 三重県答志島

第16弾 三重県 答志島 2379

2022年12月24日(土) 気温 10度―3度 晴 強風
 

三重県答志島 伊勢海老

鳥羽のフェリー乗り場から答志港まで26分。

日本列島、風雪が吹き荒れる中、飛行機は欠航が相次ぎ

高速道路も通行止めが多く日本中が大渋滞。

内海の波は平穏だが風が強くデッキに出ているのは私一人

              悴む手に耐えきれず船内へと向かう

今回の島旅はコロナの感染が相次ぎ

3回も変更、結局最年少の孫二人を連れて4人旅

予約していたロンク食堂

50年も続く人気店。80近い姉妹が運営

食堂の無い時に学校の先生の食堂代わりに始めたと・・

小6と中3の孫は刺身定食を綺麗に平らげた

「味はどないや?」「刺身はプリプリで

味噌汁のワカメがシャキシャキとして美味かった」

とニッコリ!

 

名物のめひび 伊勢うどん
 

麺は太麺でコシは無いがもっちりとして喉越しがいい

醤油味の出汁が太い麺と絡み

その上、めひびのねばねばが絡み付いてくる

期待以上の味に伊勢うどんを見直した

 

メインディナーは伊勢海老のオンパレード
 

伊勢海老の刺身(500g)
 

★★★ 

伊勢海老のロ―スター(500g)
 

蒸し伊勢海老(500g)
 

伊勢海老のビスク
★★★ 

特別注文したビスクは久し振りの味

濃厚な香りと伊勢海老の凝縮スープは正に王道

クリームで味に深みとコクを増す

初めての味に孫たちは目を丸くするばかり

幻の唐揚げ(250g)
★★★ 

幻の伊勢海老料理と言われているだけに

なかなか食材が手に入らない

250gの脱皮したすぐの小さめの海老を唐揚げに

海外ではソフトシェルが使われているが

伊勢海老はそう簡単にはいかない

1ヶ月前から頼んでいたので漁協で何とか協力してくれた

これぞ伊勢海老の丸かぶり

殻が香ばしく、唐揚げは滅多に食卓には並ばない

貴重な食材はこれぞ幻の味

今夜の胃袋はもうパンク寸前

伊勢海老三昧に贅を極めた究極のご島地グルメ

 

孫達の感想

ビスクのスープが濃厚で味が凝縮され、

初めて食べた味に驚いた

伊勢海老のサイズが普通の倍ぐらいのデカイ奴

を見て二度ビックリ

甘くて色艶も良くプリップリンの刺身を

また食べたいと思った

朝食に出された伊勢海老の味噌汁に二度ビックリ

例年のクリスマスはチキンとケーキに決まっていたが

特別バージョンのサンタの夕食に驚き

来年の卯年にもっと飛び跳ねたいと思った。

伊勢海老の味噌汁

 

ご当地感: 4.8/ 味:4.8/ 価格:4.3/ サービス:4.5/ 雰囲気:4.5 No50

めっちゃ うまい ご島地グルメ

旅の島食人 池内嘉正

 

 


▼ 画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。 (撮影日 2022/12/24)

  

Photograph by Yoshi Ikeuchi